育毛サプリGUNGUNと併用すると危険な薬はあるの?

育毛サプリGUNGUNと併用すると危険な薬はあるの?

飲み合わせの問題で考えられるのは内容成分の働きが似たようなサプリ、薬を一緒に併用すると過剰摂取になるということ。もしも併用するなら違う働きを持つものを選ぶのがコツですね!GUNGUNで注意すべき内容成分はノコギリヤシとイソフラボンです。どちらもホルモンに関連する成分だからです。適度に摂る分にはいいのですが早く効果を実感したいと思って併用してしまうと思わぬ副作用が出ることがあるんですよ。

 

注意ポイント1・ノコギリヤシ

<img src=

ノコギリヤシは男性ホルモンのバランスを整える作用があるため、薄毛や抜け毛治療に効果を発揮するんですが同様の効果があるフィナステリドが配合されたプロペシアの併用は禁止ですね。男性生殖機能に対する副作用が報告されています。全体の2%とはいえ、服用を辞めてもその症状が長期間治らずに苦しんでいる患者さんがいる以上、無視はできないと思います。

 

ホルモン系の薬を避けると同時にノコギリヤシは抗血液凝固薬、抗血小板薬を服用している方は併用を避けてくださいね。ノコギリヤシは出血量が増える可能性が高いからです。逆に言えば生理中など出血が多くて貧血という場合には有効っていうことなんですよ。上手に使えばリラックス作用や貧血防止があるので女性特有の症状の改善もしてくれるんです。

 

注意ポイント2・イソフラボン

<img src=

イソフラボンは女性ホルモン作用のものなのでノコギリヤシ同様ホルモン系の薬との併用がNGです。過剰摂取ももちろん禁止ですよ。乳がん、前立腺がんと診断されて治療薬を処方されている方は医師に相談してください。おそらくイソフラボンは控えてくださいと言われると思います。15歳未満の子供、妊娠中、授乳中の方も併用禁止。大豆由来なので大豆アレルギーの方はやはり避けた方がいいですね。

 

イソフラボンは1日の上限が75mgと言われています。食品の場合は納豆1パック50gに65mg、豆腐半丁110gに55mg程度含まれているのでそれほどたくさん食べなくても必要量摂取できます。大豆製品をまったく食べていない方はサプリメントで補給でいいと思いますね。髪の毛だけでなく美肌効果、更年期障害予防など女性に嬉しい効果がたくさんあるので摂取量に気を付けて活用しましょう。

 

 

 

 

▼通常の2,000円OFFで購入できます▼